ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1965 TRIUMPH TR6SR 三重県K様 プチ報告その3 | main | 1965 TRIUMPH T120R BONNEVILLE 兵庫県Hさんプチ報告その10 >>
2020.07.22 Wednesday

1965 TRIUMPH TR6SR 三重県K様 プチ報告その4

 三重県のKさんのトロフィー…継続検査受けて来ました…それまでの作業を報告致します…

 

 これはギアボックスのドレーンボルトのレベルプラグ、オーナーのKさん「折っちゃいました…」これ、良くありますね。これを折る人反省しましょう。とにかくボルトやナットはいわゆる工業製品です。太いボルトには高いトルクを、細いボルトには低いトルクを、とそれぞれの状況に応じて数値が決められているって事知って下さい…どうしても分からない人は→「布引流英国車講座実技編」を定期的に開催、こちらでお勉強出来ます。過去の講座は→コチラ

 

 スタンド修理の為にエンジンを降ろしたので、いろいろ調べるとプライマリーチェーンケースのドレーン用のメネジか破損寸前、こうした時にやるべきだ…しかし、分解しないエンジンを流石に機械にセットできない。よってここは感覚だけで垂直性を出さなきゃならない…「オリャーッ‼まっすぐ開けてやるーっ!」根性と気合で穴明けは完璧。そしてヘリサート用のタップ切ってます…

 

 とっても薄い左側の側面に細心の注意を払いながらタップを切り…更にインサートの挿入も同様に慎重に入れて行きます…(まだ折ってませんよ)


 そして、ネジの歪みも無く厚みもクリア、ヘリサートが入って以後の脱着も安心…これで万全です。但し、これは決して真似しないでくださいよ。ここはドリル径が大きいので歪んだ場合、簡単に斜めに走ってしまいます。そうなるともう取り返しのつかない事になる…

 

 で、これは山口県Kさんの1966年のボンネヴィルの場合。彼のここもヘリサート加工しました。御覧下さい、挿入中のインサートと側の厚みを…真似しないでくださいと言った意味、分かりますか?

 

 で、このボンネヴィルの場合はエンジンを全て分解した時なのでこうしてケース単体で作業出来ます。穴径と同じ径の治具を作り垂直を出さなきゃイケない、このように機械にセットして加工しました。これが基本、いやこれが常識です…重ねて言いますが絶対に手作業でやってはイケません!お願いしたいと思います…

 

 で次は、エンジンをバラさずに降ろすのでロッカーボックスを外します。で、外したついでにオイルのにじみ直す為、ロッカーのシャフトのオーリングを交換です。

 

 そしてエンジン載せた後、ロッカーボックス取り付けます。で、このロッカーボックスのガスケットは、普通のガスケットを使いません。こうして銅板を切り出して作ります。

 

 この効果絶大!手間暇かかりますがそれだけの価値あり。また、状況によってアルミ板を使う場合もありますよ。

 

 その他、書き切れない作業がいろいろとありましたがようやく継続検査受けて参りました。この後、軽く試運転して最終報告したいと思います…松枝

 

 


 

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album